本文へスキップ

     Araki Ballet Studio

電話でのお問い合わせはTEL.0766-56-1175

〒 富山県射水市三ケ2277

ブログ バレエ教師の日常

2月19日 配信

 この間からしつこく言ってしまってますが、挨拶は大事です。
 子供達は「たとえ、先生がどんな忙しい時にでも、挨拶はそんなこと関係なくしてね。それが大事なこと。挨拶は自分の為にしてるんだよ」

 皆、良い子達なので大人並みに空気を読んでしまうみたいで、損してるなあと感じます。
 大きい声ではきはきと、言っているわけではなく、小さい声の子は小さい声でもいいから、私はここに来ましたよ。やる気があるというか、自分の存在を示しましょうと説明しています。
 せっかくバレエを習っているのですから、きちんと会釈する、それこそレヴェランス(相手の目を観なければ、空気に挨拶することになりますよ、とも言っています)をすることを身に着けてほしいと思います。

 スタッフにも言っているのですが、変な話、レベルの高いコンクールの楽屋はすごく挨拶が行き届いていて、子供達も行儀がいいというか、気持ちのいい空気が緊張感とともに流れていて、やはりうまい子が多いなあと感じます。
 そういう姿を見ると(ああ、きちんと育てなければ)と思い過ぎなのかもしれませんけど、ついつい言ってしまいます。

 踊りがうまいことがすべてではないのですけれど、やはりそういう子達に共通するキリッとした素敵な雰囲気を身に着けてほしいなとついつい思ってしまいます。
 ご理解いただいて、やはり挨拶についてはきちんと言い続けたいと思います。



 毎週水曜日に更新しています


    PC版で見る

〒939-0341 富山県射水市三ケ2277
0766-56-1175 (代表)
araki-balletstudio@ezweb.ne.jp